催眠日記 第21話 映画館にてノーパン調教

  • LINEで送る
No.21 映画館にて

その日は幸美が以前から見たいと言っていた恋愛映画を見ることになっていた。

ロードショーも終盤だったので、映画館は思いのほか空いていた。

映画の内容は自分としてはあまり面白くなく少々退屈していたし、幸美もあまり集中していない様子だった。

終盤に差し掛かったころにいつものように催眠誘導してみた。

  • 「イルブラッ…、イルブラッ…」

耳元で囁くと、スクリーンに向いていた幸美の目元が虚ろになり、すぐに瞼が閉じていった。

  • 「さぁ、君はもう僕の言葉に逆らうことはできない。」
  • 「僕の命令に従うことが君の喜びとなる。」
  • 「わかったら頷いて返事をしなさい。」

幸美は小さく頷いた。

  • 「今すぐショーツを脱ぎなさい。」
  • 「脱いだショーツは僕に渡しなさい。」

幸美はためらうことなく、自分でスカートの中に手を入れてショーツをずり下ろしていった。

靴を脱いだつま先からショーツを抜き取ると、そのまま僕に手渡した。

  • 「さぁ、3つ数えると目を覚ますよ。」
  • 「でも、催眠中のことは全く覚えていない。」
  • 「1,2,3,はい目を覚ます。」

幸美はぼんやりと目を開けて、再びスクリーンを見た。

やがて映画が終わり、館内が明るくなった。

  • 「さて、ご飯でも食べに行こうか?」
  • 『ええ、そうね。』
  • 『ちょっとお手洗いに行って来るわ。』

幸美はまだ自分の事態に気づいていないようだ。

僕は通路の奥の椅子に腰掛けて次のシカケの準備を始めた。

予め用意しておいた小型のケータイに電源を入れ、マナーモードにセットしてからコンドームをかぶせてポケットに忍ばせた。

幸美を待っていると、すぐに幸美が僕を睨みながら戻ってきた。

  • 『ねぇ!何で私ショーツ履いてないの?!』

言ったとたんに自分の声の大きさに気づいて、「ハッ」と周りを見渡して僕の隣に腰掛け、僕の耳元で続けた。

そこは出入り口や売店などからは一番遠いため、辺りには誰も居なかった。

  • 『ねぇ、どうして?』
  • 「自分で脱いだんだよ。」
  • 『嘘よ!私のショーツは?』

追求された僕は、

  • 「あ、ほら人が来たよ。」

と、幸美の後ろの方を示して幸美がそちらを向いた瞬間に・・。

左手で幸美の首を押さえ右手で額をつかんで軽く頭を後ろに引きながら次のように暗示した。

  • 「ほら!頭から力が抜けていく。」
  • 「すぅーーっと力が抜けていく。」
  • 「全身からも力が抜けていく。」
  • 「ふかーく落ちていく。」

5秒から10秒くらいの間で幸美は全身が脱力して、壁と僕の左の肩にもたれる格好になった。

  • 「さぁ、君はもう僕の言葉に逆らうことはできない。」
  • 「僕の命令に従うことが君の喜びとなる。」
  • 「わかったら頷いて返事をしなさい。」

幸美は再び小さく頷いた。

  • 「これを君のワギナに入れなさい。」

僕はそう命じてさっき準備したケータイを渡した。

幸美は渡されたものを手で確認して、スカートの中へと沈めていった。

壁にもたれながら腰の位置を前にずらしていって、浅く腰掛けるようなカッコになりながら、携帯をインサートしていった。

僕は辺りを見回して人気がないことを確認しながら、次の暗示を与えていった。

  • 「それは君の中に収まる大きさだから、安心して奥まで入れるんだよ。」
  • 「すっぽり入れないと、座ったときに君が困るからね。」

30秒くらいもぞもぞしていたかと思うと、右手をスカートの中から抜いて落ち着いた表情を見せた。

  • 「さぁ、3つ数えると目が覚めるよ。」
  • 「1,2,3!」

幸美は目を開けると、すぐに自分が置かれた状況を認識したようだ。

  • 「ご飯を食べに行こう。」
  • 『このままじゃ、歩けないわ。』
  • 『お願いだから。。』

スカートの裾を押さえて顔を赤らめ、耐えるように訴えてきた。

僕はわざと無視して、

  • 「さぁ、行くよ、立ちなさい。」

僕に手を引かれると、うつむきながら何とか立ち上がった。

  • 「いいかい、歩いている途中でナカの物を落すと、大恥をかくことになるからね。」
  • 『・・・』

幸美はうつむいたまま頷いた。

僕は幸美の手を引いて映画館を出てレストランに向かった。

幸美は店に来てから言葉も少なく静かに食事をしている。

ときどき僕を見ては困ったような顔をしていた。

僕は自分のポケットに手をしのばせ、ケータイでリダイヤルをした。

向かいの席に座る幸美が一瞬身体を震わせてから、持っていたフォークを置き僕を見た。

  • 『お、お願い。こんなところでやめてっ。』

周囲に気をはらいながら幸美は小さな声で嘆願した。

  • 「何を言っているのか聞こえないよ、幸美。」

幸美の声は聞こえていたが、僕はわざと聞こえないふりをした。

店の照明は少し暗かったが、それでも幸美の顔が紅潮しているのがハッキリわかった。

僕はその後も時折リダイヤルを楽しんだ。

  • 『お願いだから、もう許して。。』
  • 「君だって感じてるんじゃないか?」
  • 『そんなこと・・』

幸美は目を潤ませている。

困った顔をするものの、その様子からすると興奮しているに違いなかった。

  • 「やめても良いが、そうしたら今日のデートもこれでやめにして僕は帰るよ。」
  • 『そんな意地悪なこと言わないで。。』
  • 「ではこの官能をもう少し楽しもうか。」
  • 『・・・』

レストランを出るころには幸美の顔はかなり赤くなっていて態度も落ち着きを欠いていたため、僕が会計している間に別のウエイトレスが幸美に声を掛けていた。

幸美は「少し酔っただけ」とでも返事をしているのだろう。

僕ではなく幸美に直接声を掛けたということは、ウエイトレスは僕たちの様子に何か疑いを持ったのかもしれない。

店を出ると幸美は僕の左腕にすがるように寄り添ってきた。

僕はリダイヤルを繰り返しながらそのまま暫く歩いていると、幸美がまた嘆願してきた。

  • 『ねぇ、お願いだから・・・』

僕は知らん顔をしてそのまま歩いて、広い通りまで来るとタクシーを待った。

すぐに捕まったタクシーに幸美を押し込み、運転手にY公園と伝えた。

タクシーの中でも幸美はしっかりと僕に掴まって、声を漏らしそうになる自分と必死に戦っている様子だった。

Y公園に着いて公園内を散歩すると、暗がりにはちらほらと寄り添っているカップルが見えた。

幸美の足取りが止まり、そろそろ限界のようだった。

  • 「幸美、気分はどうだ?」
  • 『もうヘンになりそう。。』
  • 「どこかベンチを探して掛けようか。」
  • 『お願い。。』
  • 「どうした?」
  • 『もう私ダメよっ。。』
  • 「どうして欲しいんだ?」
  • 『お願いだから、なんとかして頂戴!』
  • 「なんとかじゃわからんよ。」
  • 『いま欲しいの!』

左手で幸美の内股に触れてみると、驚くほどの量の雫が秘部から溢れていて、膝のあたりまで濡らしていた。

僕は幸美を林の中に連れ込んで太い木の陰に回り込み、幸美を木に向かわせてお尻を突き出させると、自分のズボンを下ろすとともに幸美のスカートを捲り上げた。

(終わり)

  • LINEで送る

マンツーマンでお教えします

生身の女性を相手に催眠術をかけてみたいと思いませんか?
女性モデルに対して、お気がねなく官能催眠を実践していただくことができます。
催眠術を使えるようになるためには、ご自身の目で見て、感じて、被験者に直接触れて、実際にやってみることに勝るものはありません。
詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

講習会情報をチェックする

SNSでもご購読できます。